政策を知る

HOME | 政策を知る

WELFARE

/ 福祉 船橋市民のために

鈴木和美、船橋市民の代表である市議として、私の考える政策です。

○子育て支援を心から応援する。

船橋市民の子育について私の政策


 
子どもを作りたい、子どもを生み育てたい、その子たちの為によりよい環境を残せるように頑張ります。
私の愛する船橋市で子育てをしているママとパパの困ったを少しでも解決できるように私が全力でサポートします!
 
詳しくはこちら

○地域活動の活性化を考える。

船橋市の地域活動への私の政策


 
「核家族化」が進み、船橋市にも多くの核家族の世帯が転入していらっしゃいます。 船橋市は「子育て世代」にとって都心まで30分ほどで通勤できる利便性の高い街です。 働いていて子どもを育てている30代や40代にとっては特に魅力的な街だと考えています。
 
詳しくはこちら

■子育て支援を考える。

船橋市の市民の皆さん、私は初当選したあとに子どもを出産し、今も子育て中の議員です。
 
子どもを作りたい、子どもを生み育てたい、その子たちの為によりよい環境を残せるように頑張ります。
私の愛する船橋市で子育てをしているママとパパの困ったを少しでも解決できるように私が全力でサポートします!
 
市役所のホームページからではわかりにくい事も、私が噛み砕いてわかりやすく、そして私に力になれる事があれば全力でサポートします。
 
一口に子育て支援とよく言いますが、その置かれている状況によって必要な支援は全く異なると考えています。
 
子育てには大きく2つのタイプがあると私は考えます。
 
○ 家庭で子育てを頑張っている家庭への支援
○ 共働きで子育てを頑張っている家庭への支援


 

○ 家庭で子育てを頑張っている家庭への支援

 ▶ 家庭で子育てを頑張っている家庭への支援を考えてみます。

情報が溢れている中で、ご家庭にあった子育てサポートプログラム、もしくは、ご家庭に必要な子育て補助してくれるものを船橋市が提供する行政サービスから見つけられているでしょうか!?
 
短期的には子育てを家庭だけで抱え込まず、用意されている船橋市の子育て支援のプログラムを適切に使って頂きたいと心から願っています。

しかし、行政からの情報がわかりづらかったり、本当に必要な支援や今の時代にあったものになっているでしょうか?
 
新型コロナウイルスで新しい生活スタイルになってきている今こそ、私は皆さんに求められる行政支援を皆さんの立場で応援します。


 

○ 共働きで子育てを頑張っている家庭への支援

▶ 夫婦で共働きをしながら子育てを頑張っている家庭への支援を考えてみます。

働いているママ・パパ、育児休暇なんて言葉はありますが、取りづらさを感じることがまだあるのではないでしょうか?

子供が欲しい、育てたい、そんなママやパパが新しい命が芽吹いた頃から現実や未来を考えるようになるのではないですか?
 
私は子育てをする一人の母として、また市民の代表の議員として、その時代にあった子育て支援を考えてきました。 そんな私が感じるのは、共働きの家庭は出産後から、もしかしたらその前から保育園をどうしようかと考えたり、探されたりしていませんか?
 
保育園がどんなところで、我が子に合った園はどこなのか?
待機児童の多い船橋市では預けたい保育園と空きのある園が一致しない。
 
そんな保育園探しから職場復帰に向けた計画と準備が始まっているのではないでしょうか?

その後も家庭ごとにいろいろな「壁」が出て来ているのではないですか?
 
まだまだ専業主婦が多く子育てをしていた時代と変わらないことが沢山あります。

●まとめ:子育て支援を考える。

それぞれを、まずは、要望として私や行政へ相談してください。

それがその後に子育てする人たちの助けになります。
 
他にも子育てを行う環境は多種多様です。
 
そこで子育てを一括りにしない視点が必要なのだと私は考えています。


地域活動の活性化を考える。
地域の活動を深く考え、活性化した活動を応援する。

船橋市には多くの地域活動がありますがそれを代表するのが町会活動(自治会)です。
 
船橋市は町会加入率が70%を超えている地域力の高い市であり、そしてその運営をしてくださっている多くは高齢者の皆さんです。

ここで高齢者を定義すると65歳以上の方々の事をいいます。
(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット 「高齢者」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-032.htmlより)
 
「核家族化」が進み、船橋市にも多くの核家族の世帯が転入していらっしゃいます。
船橋市は「子育て世代」にとって都心まで30分ほどで通勤できる利便性の高い街です。 働いていて子どもを育てている30代や40代にとっては特に魅力的な街だと考えています。
 
しかし、残念な事に船橋で育った市民の方でも地域活動から距離を置かれている皆さんが多数いらっしゃるのも現実です。

高齢者の皆さんは地域に根付き多くの方が地域活動に参加されています。

しかし子育て世代や定年退職前の世代の方はどうでしょうか?

毎日生活する家を持ちながら、多種多様な地域活動などから距離をおいていては魅力的な街づくりに難しさを感じます。 毎日歩いている道、皆さんのお子さんが通学している地域を人任せではなく、皆さんが積極的に参加し住みやすく、子育てのしやすい、安心できる街、そして余生を楽しく過ごす街であって欲しいと願っています。
 
行政も皆さんの住む地域のためにサポートプログラムを用意しています。
しかし、それが皆さんの望むものになっているでしょうか? 

地域活動の活性化を考える。
地域の活動を深く考え、活性化した活動を応援する。


船橋市には多くの地域活動がありますがそれを代表するのが町会活動(自治会)です。
 
船橋市は町会加入率が70%を超えている地域力の高い市であり、そしてその運営をしてくださっている多くは高齢者の皆さんです。

ここで高齢者を定義すると65歳以上の方々の事をいいます。
(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット 「高齢者」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-032.htmlより)
 
「核家族化」が進み、船橋市にも多くの核家族の世帯が転入していらっしゃいます。
船橋市は「子育て世代」にとって都心まで30分ほどで通勤できる利便性の高い街です。 働いていて子どもを育てている30代や40代にとっては特に魅力的な街だと考えています。
 
しかし、残念な事に船橋で育った市民の方でも地域活動から距離を置かれている皆さんが多数いらっしゃるのも現実です。

高齢者の皆さんは地域に根付き多くの方が地域活動に参加されています。

しかし子育て世代や定年退職前の世代の方はどうでしょうか?

毎日生活する家を持ちながら、多種多様な地域活動などから距離をおいていては魅力的な街づくりに難しさを感じます。 毎日歩いている道、皆さんのお子さんが通学している地域を人任せではなく、皆さんが積極的に参加し住みやすく、子育てのしやすい、安心できる街、そして余生を楽しく過ごす街であって欲しいと願っています。
 
行政も皆さんの住む地域のためにサポートプログラムを用意しています。
しかし、それが皆さんの望むものになっているでしょうか?  

■まとめ:地域活動の活性化を考える

地域活動に是非参加して下さい。 

高齢者の方だけにあなたの街を任せるのではなく、活動へ参加してください。 
その上で、足りない行政の支援、不足している何かを私や行政に意見を頂きたいのです。


誰でも参加できる地域活動の仕組みを全力で提案していきます!
 
船橋市がもっと笑顔あふれる街となるように皆さんと考え一緒に地域活動を活性化できるように応援をしたいと考えています。